ダイエットと妊活

ダイエットをしているという女性は多いようです。
妊娠に適した標準体型になるようにダイエットをするのは、男女ともに良いことで、ぜひともお勧めしたい妊活です。

不妊で悩んでいると言って受診された方で肥満体型の場合は、意識して食事内容を改善しウォーキングなど日常生活でよく動くようにすると体重が落ち、すんなりと自然妊娠するということも珍しくありません。

肥満によるホルモンバランスの乱れから、排卵障害となっていることがあり、ダイエットにより改善が期待できます。

男性も肥満が原因で血行不良やメタボリックシンドロームとなり、精子のトラブルやEDにつながることがあります。

そのため肥満体質の人は、できるだけ標準体型につかずけられるようにダイエットを始めることをお勧めします。

ただそこで問題になってくるのが、過度なダイエットや痩せすぎてしまうこと。

ダイエットというと食事の量をただ減らしたり、1食を低カロリー食品に置き換えたり、毎食決まった食べ物を食べたりといった、過度なダイエットが取り上げられ、実行したことがある人もいるのではないでしょうか?

置き換えダイエットや単品ダイエットは、相当気をつけないと栄養を偏ってしまい、健康になるという目的からずれてしまいます。
ただ痩せればいいのではなくて、健康身体になるという前提でダイエットでダイエットを始めるようにしてください。

特に気をつけて欲しいのは、女性がダイエットのために言って肉などのタンパク質を制限してしまうこと。
タンパク質は妊娠に必要な栄養素ですから、身体のために思って行ったダイエットが逆効果になってしまうのです。

自分の身体にあったダイエットを実行して欲しいのですが、まずはダイエットの必要性があるかどうかしっかり見極めて、自分の見た目ばかりを気にするのではなく自身のこれから健康の赤ちゃんのことを第一に考え身体作りをしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ