卵子の老化を防ぐ葉酸サプリとは?

女性の妊娠適齢期は20歳〜34歳

最近では「妊活」という言葉が流行し、よく耳にするようになりました。

「妊娠適齢期を過ぎたら、妊娠してはいけないの?」「子供は欲しいけど、私は妊娠できる体でしょうか」コレらで悩んでいる方は数多くいらしゃると思います。
もちろん妊娠適齢期を過ぎた年齢でも妊娠することは可能ですし、そのようなお母さんが年々増えてきているのも事実です。


そういうと「それなら"適齢期"なんてくくらなくてもいいのでは?」という声が聞こえてきそうですが、より安全に、確実に妊娠し出産をして、その後に育児をしていくには「適齢期」を意識して欲しいのです。

一般的に、妊娠適齢期は20〜34歳と言われています。

それは35歳くらいから、受精卵になる得る健康な卵子が極端に減ってくるから。そうするとどんなタイミングを合わせても、健康な卵子の多い世代と比べ妊娠しにくくなってしまいます。

卵子は減少するだけではなく、老化していきます。v
また加齢に従って「黄体ホルモン 」の分泌量も低下するため、妊娠を維持する力も低下していきます。

年を重ねるごとに、妊娠においては様々なリスクを背負うことになる

このように年を重ねるごとに、妊娠においては様々なリスクを背負うことになってしまうのです。
多少の個人差はありますが、卵子の減少と老化は誰にも必ず訪れることなのです。
昔に比べて、初婚年齢が上がっているのではご存知のことでしょう。
それに従って、初産年齢も上がっています。
「高齢妊娠」という言葉も聞いたことがあると思います。

でも初婚や初産年齢の上昇は現代の女性のライフスタイルを思えば当然のこと。
大学進学する女性が増え、仕事も責任のあるポジションを任せれるy王になった女性たちは、昔は普通にあった「結婚したら仕事を辞め、妊娠、出産」というルールにも従わなくてもよくなってきたのです。

自分である程度選択できるのですから、結婚したいと思う人。子供が欲しい人、仕事がバリバリやりたい人と様々でしょう。
ただ妊娠適齢期はそんな女性のライフスタイルとは関係のない「身体の機能」です。

晴れて妊娠したとしても、流産・妊娠中のトラブルに見舞われるリスクは、残念ながら年を重ねるごとに高まっていくのです。

現在増加する高齢妊娠を否定することではありません。



しかし、妊娠には適齢期があることを知っていれば、前もって自分の将来のライフステージについて余裕をもって考えることができます。

有名人が高齢出産をしたことがニュースになったりしますが、それを観て「私も大丈夫なのね」と錯覚しないでください。


取り上げられる一例が、全ての人に当てはまることではありません。

妊娠適齢期はどんな外見を若く保つことができるようになった現代でも変わることがないのです。

卵子が生まれる前から減り続けている

卵子がないと妊娠できないことはご存知の通りですね。

それでは一体卵子は何個あるのでしょうか?
生涯の中で、一番卵子が多い時期はいつだと思いますか?生まれてすぐ?初潮を迎えた朝?大人になってから?

実は胎生20週の頃が正解。
生まれるよりもずっと前に卵子の数はピークを迎えます。
その数は約700万個。これだけあれば年齢を重ねても卵子がなくなることはないかと思うかもしれません。

しかし、生まれてくる頃にはすでに減少して約200万個に。
卵子は増えることなく、減少の一途をたどります。

初潮を迎える頃には約20〜30万個。20万個とするとピーク時の約1/35の量しかありません。


そこからさらに毎月一個の卵子が排卵され、月経が訪れるたびに消えていくと考えると、非常に多くの卵子がコレアまでになくなってくるということに気づきます。
しかも、卵巣から排卵される卵子は、無数の何十万個とある卵子のなかから選ばれた端子。選ばれなかった卵子は消滅してうのです。

卵子のためにも葉酸&ビタミンB群を

葉酸とビタミンB12は、妊活中の女性に摂取しておいて欲しい栄養素です。
葉酸とビタミンB12は一緒に摂ることで効果を発揮します。葉酸とビタミンB12を両方摂取するには食事よりも葉酸サプリで摂取するとをお勧めします。


赤ちゃんの脳を作る葉酸は、妊娠中には絶対に必要になる栄養素なので、妊娠する前に「子供が欲しい !」
と思った段階で積極的に摂取し始めることをお勧めします。

赤ちゃんの脳は実は妊娠6週めには神経がほとんど出来上がっています。
つまり知らないうちに赤ちゃんの脳の基礎が出来上がっているということ。

そしてこの神経ができるという重要な時に葉酸が不足すると、脳の発育に影響を及ぼします。

妊娠初期の頃の葉酸摂取状態により、子供の脳の神経が決まってしまうとなれば、やはり妊娠する前から葉酸を補給して不足しないにして欲しいところです。
厚生労働省からも妊娠可能な女性に全てに対して、葉酸の摂取を進めるようにと医師に通達があるほど。

特に、妊娠を望む女性は1日400μgの葉酸の摂取をすすめています。
(ただし、1mg以上の摂取は過剰摂取になるので調整が必要です。)


母親になる自覚が芽生える栄養素です。 食材よりもサプリメントから摂取する方が手軽で、吸収率も高いので葉酸サプリから活用してください。

そしてその葉酸を働かせるのはビタミンB12ですので一緒に摂取して欲しいコンビです。
一緒にできる葉酸サプリとしておすすめなのがベルタ葉酸サプリです。


ビタミンB12は男性の精子の質を上げ、状態を改善させる効果が期待されているため、夫婦で葉酸&ビタミンB12が配合されているサプリメントを摂取しましょう。
葉酸サプリ参考サイトはこちら→葉酸サプリおすすめlab.netはこちら

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より検索していただけますと幸いです。


サブコンテンツ

このページの先頭へ